ミヤガワ日記

ピアノや読書を中心に、日々の気になったことを書いていきます

【台湾旅行記1】新仕界大飯店(ニューワールドホテル)台北は安い値段の割には良かった!


スポンサードリンク

今更感がありますが(汗)、今年2017年4月15日(土)〜17日(月)の3日間、2泊3日の台湾旅行に行ってきました。今回は特に2泊したホテル、その周辺について纏めてみようと思います。

 

目次

 

旅行にいくことになった経緯

それは昨年(2016年)の12月、A先輩と金沢にムサイ中年男二人旅をした時のこと(

【北陸旅行記】金沢で、古き良き「木津屋旅館」に泊まった事(1日目) - ミヤガワ日記)、旅行好きのA先輩が旅行中にも関わらずもう既に次の旅行の計画を立てており

「ミヤガワ、お前どこか行きたいところある?」と聞いてきたので

「そうっすね。台湾とか行きたいですねー」

と僕が軽い社交辞令のつもりで返信したことが始まりでした。

その後2月あたりにA先輩から「今H.I.Sに来ているんだけど、ミヤガワいつ空いてる?台湾行こうと思うんだけれど…」というイキナリ感の強い連絡があり(笑)、僕も仕事で行ったことのある中国の大連以外は海外旅行に行ったことがないので、「そうですね、4月の17日あたりに休みが取れると思います」と返事をしたために人生で二度目の海外、台湾行きが決まった次第です。

 

HISの格安ツアーを利用

旅行代金は2泊3日で一人あたり29,300円でした!別にHISを贔屓する訳ではないですが(多分この手の航空旅券とホテルが一体となった格安ツアーは他の会社にも存在する)、この程度の料金で海外に行けてしまう、しかもホテル代込みで、というのは、海外旅行をしたことが無い自分にとって驚愕でした。時期もゴールデンウィーク前でしたので良かったのでしょう。

(余談ですが今現在、7月の3連休に東京から京都に行こうと画策しているのですが、検索しても一泊で3万を超えることさえあります。そもそも新幹線で東京から京都に行くだけで片道13,080円です。)

しかしながら快適な旅になるか?というのは個々人の感じ方によると思います。というのはLCC格安航空会社(今回はタイガーエアでした)やホテルが決まるのは出発の1ヶ月前位、そして行きの飛行機と帰りの飛行機の時間も指定出来ません。このあたりは運を天に任せる、という感じでしょうか?

あとは旅行会社を使うと時間的な制約があったりします。今回は到着後台湾桃園国際空港から台北市内まで団体でバスで移動、その後お土産屋に連れて行かれます(買わなくてもOK)。その後にホテルまでバスで移動。中一日は団体行動か、自由行動が選べるようになっており(自由行動にしました)、最後の日にはホテルにバスが来て、また免税店に連れて行かれます(買わなくても良い)。

個人的には台湾桃園国際空港から台北市まで遠いので、バスの送迎があるのはプラスでしたが、お土産屋にいちいち寄るのは時間の無駄だと思いました。

 

ちなみに今回は行きの飛行機が成田11:35発で丁度よい時間帯でしたが、台湾桃園国際空港到着は1時間半程度遅れました(日本と台湾の時差が1時間ありますが、それを差し引いて)。また、機内はとても窮屈でした。格安ツアーなので贅沢は言っていられません。

 

 

 

飛行機タイガーエア

↑タイガーエアの機体。結構窮屈でした…

 

台湾桃園国際空港

台湾桃園国際空港。設計は團 紀彦。

 

 

西門町近くの新仕界大飯店に到着

「申込みの時にホテルのランクを選ぶ欄があったけど、一番安いのを選んだ」というA先輩の話を聞いて、さて、我々の泊まるニューワールドホテル(新仕界大飯店)はどんなやばいホテルだろう?シャワーは出るか?部屋が汚い、という事は無いか?フロントで日本語が全く通じなかったら?と思って心配しておりました。大体、「ニューワールドホテル」などとごたいそうな名前を付けているのが怪しさ満点です。

しかし着いてみると、案外普通のビジネスホテル、という感じでした。いや、飛行機代込みで2泊3日で29,300円ならばこれはお得かも。

 

ニューワールドホテル

↑ニューワールドホテル。中華圏にありがちなボコボコした建築。フロントロビーまで階段で数段登ります。フロントの人は日本人ではないですが、日本語が話せる方が結構おります。

 

ニューワールドホテル客室1

↑何故か3人部屋に通されて更に得した気分。A先輩のいびき、歯ぎしり、寝言等が少しでも遠くなって幸いです(笑)。

 

ニューワールドホテル客室2

↑壁掛けテレビもついております

 

ニューワールドホテル洗面所

↑日本のビジネスホテルと変わらない位の綺麗さでした。一つ気をつけなければならないことは台湾のトイレはウォシュレットは無いです(少なくともこのホテルは)。そして、紙を流してはいけません(日本人はトイレに紙を当たり前に流すためか、注意書きにも日本語で流さないように書いてありました)。紙はトイレの横にあるゴミ箱に入れます。この辺りが許容できない潔癖症の方は台湾旅行は難しいと思われます。

 

ニューワールドホテルアメニティ

歯ブラシ、シャンプー、ボディソープ等の一通りのアメニティは揃っていました。

 

サービスの水

ホテルを出て左側に進み、角を曲がって30秒歩いた所にセブンイレブンのコンビニがあり、チェックインする前に水を買い込んだのですがホテルに用意されていました。これはありがたい。

 

冷蔵庫

冷蔵庫もついております。

室内のエアコンですが、多少効きすぎているかな?という感じでした。羽織るものがあったほうが良いかもしれません。

 

ニューワールドホテル廊下

客室を出ると、廊下はこんな感じ。

 

 

ポケットwifi(モバイルWi-Fi)は契約していったほうが無難

 

ただ一つ残念だと思った事は、ホテル内の無料wifiがあるにはあるのですが、非常に速度が遅い事です。快適なブラウジングが出来ません。

もっともこれは日本のホテルでもよくあることなのですが、ここは海外です。僕もA先輩も携帯は機内モード、モバイルデータ通信をオフにしていました(こうしておかないと莫大な金額を携帯会社から請求されると聞きました)。

そして、致命的なことにポケットwifi、モバイルWi-Fi等を契約していなかったのです。なぜか?

僕は台北で使える無料の「台北フリー」というwifiが使えると思っていました。なので日本にいる時点で一旦アクセスしておいたのですが、どうも繋がりません。駅等でも繋がりませんでした。

 

 

これから台湾に行く方はinteractさんのブログにあるようにWi-Fiを契約するのが良いかと思われます。世界のいろいろな国を旅しているベテランの方なので間違いないと思われます。↓

www.iitxs.com

 

または旅行会社が薦めるWi-Fiや、成田や羽田空港にある店舗のWi-Fiでも良いと思います。とにかくモバイルWi-Fiは必須だと思いました。

特に外出する時にgoogle Mapを使いたい衝動に駆られます。今自分がどこにいるのか?土地勘が無いので分からなくなることが多々ありました。

 

それでもWi-Fiを契約したくない、お金を抑えたい、という方は最終手段ですが日本にいる内に「オフラインマップ」の「MAPS.ME」アプリを落としておくと便利です。僕は旅行中の3日間、何とかこれで乗り切りました。

 オフラインでもその地域の地図をあらかじめダウンロードしておけば使用できるのでとても便利です。Wi-Fiに繋がっていなくても今現在居る場所が矢印で示されるのでかなり便利です。

しかし、たまに矢印が動かなくなります(笑こちらが移動しているにも関わらず)。仕組みがよく分かりませんが、たまにWi-Fiにつなぐ必要があるのでしょうか?こうなった場合は必死で今居る場所を把握して記憶しておかないと、日本に帰れなくなります(笑)。

そうやって考えると、携帯もWi-Fiも無い時代に外国を旅していた人々は凄いですね。

 

 Wifiレンタル

 

 

 新仕界大飯店周辺(西門)の様子

 

このホテルの魅力的な部分は、その立地でしょう。台北市内で一番繁華街っぽい、台湾の原宿と呼ばれている西門町の近くです(正確には昆明街というところ、西門駅まで歩いて15分位、店が沢山あるので退屈しない)。

ニューワールドホテル周辺

ホテル南側の通り、セブンイレブンがあります。

 

小籠包屋

ホテルから北側に歩いて30秒のところに小籠包を食べることが出来る店もあります。

 

小籠包屋メニュー

朝は2日間とも「ホテルの朝食は無し」のプランだったので、この小籠包屋さんで食べました。安いです。2日目に九份(キュウフン)で小籠包を食べたのですが、そこは100元位しましたが、ここは60元(日本円にして約230円位)で食べることが出来ました。しかもおじさんと兄さんが優しい!

 

小籠包屋内部

店内の様子。台湾にはこんな感じのドアもない通りに面したオープンな飲食店が多いです。この辺りが異国情緒溢れる感じ、アジア的で良いですね。

 

小籠包

出来立ての小籠包を食べます。好吃(ハオチー)!調味料等は店内の棚に置いてあり、セルフで用意するタイプの店が多いです。

飲み物は基本頼まないと出てこない(つまり、日本のようにお冷が出ることは無い)ので、コンビニ等で買って持っていくと良いでしょう。

あとナプキン等は無い店が多いので、ウェットティッシュ等を持っていく事をおすすめします。

 

 

台湾の佐々木希の広告

夜の西門町の様子。佐々木希が見えます(笑)。

 

大道芸

大道芸をやっていました。

 

幸春三兄妹豆花

かき氷のお店(幸春三兄妹豆花)。有名だそうです。店の前に近づいたら日本語でメニューを渡されました。

 

幸春三兄妹豆花の店内

店内はこんな感じで落書きだらけ。台湾の原宿という割にはお年を召した方もいらっしゃいます。

 

マンゴーかき氷

マンゴーかき氷が150元(日本円で570円位)。氷の部分が柔らかくて美味しかったです。

面白いのは小籠包よりも高い事。デザート系の方が値段が高いです。

 

天后宮寺院

街なかに「天后宮」という寺院があり、入ることが出来ました。ちょうど京劇のようなものをやっていました。

 

 

 

まとめ|新仕界大飯店は西門町を散策するには最適のねぐらになる

 

booking.com等でも7/10と評価は高めですね。スタッフの応対の良さと、立地、値段の評価が高いようです。

 

↓Booking.comでニューワールドホテル(台湾 台北市)を見る

 Booking.com

ホテルから西門町までは常に明るく人通りも多いので安全だと思われます。西門町付近で遊ぶには最適ですね。近くにコンビニも沢山ありますし。

あと、次の日にホテルから龍山寺に歩いて行ったのですが、20分位で着きました。

ホテル内のWi-Fiが遅いのが唯一の難点ですが、次回も泊まりたい、と思わせるホテルでした。

 

読んでいただきありがとうございました。