ミヤガワ日記

ピアノや読書を中心に、日々の気になったことを書いていきます

創作

田舎を歩いてヘルマン・ヘッセの「少年の日の思い出」を思い出した話

ゴールデンウィークのある晴れた日に、僕は東京を離れ田舎の村でくつろいでいた。しかし僕には友人がいないので何もする事がない。アラフォーになった今では知人もみな結婚し家庭を持ち、個々の生活を優先する、そのような状況にはあるもののそういった理由…